• 152076
  • 現在の公開在庫数

フックボールを卒業したい!|中古 ゴルフクラブ|ゴルフ・ドゥ|豆知識:ゴルフギアの選び方

よくある質問お問い合わせ
その悩みに効くクラブ

もっとクラブのせいにしましょうよ!

中古ゴルフクラブ ゴルフ・ドゥトップへ > 豆知識 > その悩みに効くクラブ

Q.フックボールを卒業したい!

A.フックボールにも種類が2タイプあるんですよ!

あ~あ・・・またフックが出ちゃった・・・

フックを治すにもどんなフックなのかを把握する必要があります。
 
前回スライスには2種類があり、それぞれのタイプに合わせたクラブを選びましょうというお話をしました。
 
同じようにフックも2種類があるんです。
 
なのでフックにお悩みの方は、まず「自分がどんなフックを打っているのか?」を把握することから始めましょう!
 
フックにだって種類があります!

A.どの方向に打ち出しているかでミスのタイプが判別できる

目標方向に対してボールがどこに飛び出しているかを確認しましょう!

フックボールの種類を判別するのに注目する部分は打出し方向です。
 
目標方向に対して一度右に飛び出してフックする弾道は「プッシュフック」。
 
目標方向に対して初めから左に飛び出し、そのままさらに左へフックする弾道は「引っかけフック」という種類に分類できます。
 
このそれぞれの弾道は、原因が異なるのでそれぞれに合わせた「フックしづらいクラブ」を選ばないと別のミスを呼び込んでしまう可能性があるのです。

A.「プッシュフック」はインサイドアウト軌道+フェースの返し過ぎ

上級者やプロでも悩まされる弾道です!

プッシュフックはヘッド軌道とフェース向きの合わせ技で起こります!
 
一度目標方向より右に出て、左に大きく曲がるプッシュフックは、クラブヘッドの軌道が内側から外側に向かうインサイドアウトになっており、なおかつインパクトでフェースの向きが左を向いていることによって起こります。
 
このふたつの動きが穏やかであればいわゆるドローボールの打ち方なのですが、極端な動きだとプッシュフックになってしまうのです

A.「引っかけフック」はカット軌道+フェースの返し過ぎ

腕主体のスイングで特に右手を強く使う人が出やすい弾道です!

引っかけフックの原因は外からのヘッド軌道にフェースの向きが合わさることで起こります!
 
ヘッドが外から内側に向かうカット軌道に加え、インパクトでフェースが左を向くことで目標より左に飛び出し、さらにそこから左に曲がっていく軌道になってしまうのです。
 
カット軌道でヘッドが左の方向に抜けるのに、それよりもさらにフェースが左を向いているとこの弾道になります。
 
これは左手ではなく右手を強く使う人が起こしやすいですね。

Q.それぞれのミスを緩和してくれるクラブは?

A.プッシュフックはアスリートモデルがおすすめ

構えた時にフェースが左を向かないような、ストレートフェースのクラブもプッシュフックの人には良いですよ!

プッシュフックを緩和させるポイントはインパクト時のフェースの向き!
 
ターンのし過ぎで左を向いているフェースが目標に向かうようになるクラブが必要・・・つまり、ヘッドのターンが穏やかになる重心が長めのモデルが有効なんです。
 
そういったモデルはアスリート向けのクラブに多くラインナップされています。
 
自分にはハードだなと思ったらロフトが多めのものやシャフトが柔らかめなものを試してみてください。

A.引っかけフックはセミアスリートモデルが良い!

クラブの長さは少しくらい長くてもOK!

引っかけフックの方は利き手のパワーでスイングしている人に多いミス。
 
プッシュフックと同じ、フェースターンが穏やかなモデルを使えばフック自体は収まる可能性はあります。しかし、今度はスライスが出てしまう可能性も。。
 
モデルとしては、セミアスリートタイプと呼ばれる程よくヘッドがターンしやすいモデルが良いですね。
 
スペックはやや重めにすると、右手の使い過ぎを抑えてくれるのでオススメですよ!

ヘッドターンが穏やかなアスリートモデル!

程良くつかまって飛ばせるセミアスリートモデル!

打たず嫌いは損ですよ!

※平均売価は、2017年4月28日現在の当社売価となり、価格は随時変動しますのでご了承下さいませ。

PageTop

LINEで送る

コラムバックナンバー