• 151857
  • 現在の公開在庫数

FWやロングアイアンが苦手ならUTを活用しよう!|中古 ゴルフクラブ|ゴルフ・ドゥ|豆知識:ゴルフギアの選び方

よくある質問お問い合わせ
その悩みに効くクラブ

もっとクラブのせいにしましょうよ!

中古ゴルフクラブ ゴルフ・ドゥトップへ > 豆知識 > その悩みに効くクラブ

Q.FWやロングアイアンが苦手ならUTを活用しよう!

A.長いクラブが上手く当たらないのには理由があるんです!

どうしてFWもロングアイアンも上手く打てないの!?

ロングアイアン、フェアウェイウッドのように芝の上から打つクラブって難しい!

芝から直接打つショットってティショットよりも難しくて、思い通りにはいかないですよね。

特に長いクラブをもつときは、飛距離が欲しい場面。飛ぶ分、いざミスしたときには影響も大きなミスになりがちです。
まずは特に苦手な方が多いフェアウェイウッド(以下FW)ロングアイアンのミスの原因を知っておきましょう!

A.ロングアイアンはボールを上げようとしてしまう

ボールを上げようとすると手が前に出てしまい、上手くミート出来なくなっちゃいます。

ロングアイアンで起きるミスの原因の多くはすくいあげ

ロングアイアンは、他の長いクラブに比べてロフトは大きいのですが、構造上、重心を深くできません
 
そのためどうしてもボールの高さが出しにくいクラブになってしまっているので無意識のうちにボールを上げようと、すくうようなスイングになってしまうケースがあります。これがアイアンが苦手な人が上手く打てない大きな要因のひとつです。

A.FWは長さと重心の深さが振りづらさの原因

長さと重心の深さが合わさると振り遅れやすくなっちゃうんです。

重心の深さは、時と場合によってデメリットになります。

FWは芝から打つクラブとしては一番長いクラブです。実はそれだけでもちゃんとボールを捉えるのが難しくなります。さらにフェアウェイウッドはボールを上げやすくするため、弾道を安定させるためにヘッドの重心がフェースから離れた深い位置にあります深重心設計)。
 
これのお陰で、地面から打つ他のクラブよりもミートするタイミングがつかみづらいのです。

A.そんな長いクラブの悩みを解決するのがUTです!

タイプで選べばさらに優しくなります!

ユーティリティはロングアイアンとFWの弱点をカバーするクラブ。

FWロングアイアン当たらない原因をしっかりカバーしているクラブがユーティリティ(以下UT)です。UTには見た目のように、大雑把には2タイプがあり、それぞれがFWの難しい部分ロングアイアンの難しい部分をしっかりと補ってくれるんですよ。

A.ウッドタイプは短くて高さを出しやすい!

これだけ長さが違うと振りやすさはかなり違いますよ!

UTの多くはFWより短いのがキモです。

UTのほとんどは、どちらのタイプもロングアイアンよりは長く、FWより短い長さに設定されています。これが「UTは短いので振りやすい」と言われる理由ですね。
 
UTのウッドタイプは形こそFWに似ていますが、長さが短いので振りやすくなっているのに加え、重心も浅くなっているのでミートしやすいのです。

A.アイアンタイプはアイアンの形でボールが上がる!

自然と上がるので、「上げようとするスイング」を防げます!

アイアンタイプはヘッドが大きめで重心が深いのがポイント!

アイアンタイプは構えるとアイアンの形をしており、長さもアイアンと同じくらいなのでスイングしやすくなっているのが特徴です。
 
それでいて少し大ぶりで後方を大きく取っているぶん、重心が深くなってボールが上がりやすくなっています
 
つまり、上げようとしなくてもアイアンよりも上がってくれるので上げようとするスイングを抑えてくれるんです。

ボールが上がりやすいウッドタイプユーティリティ

目標に打出しやすいアイアンタイプユーティリティ

※平均売価は、2017年6月23日現在の当社売価となり、価格は随時変動しますのでご了承下さいませ。

PageTop

LINEで送る

コラムバックナンバー