ゴルフの上達法やお悩み別の改善法、クラブの選び方などをレクチャー!
幅広い層のゴルファーをサポートする情報サイトです。

冬のゴルフラウンドの服装メンズ

豆知識
冬ゴルフの服装メンズ

冬のゴルフはとにかく防寒対策!
特に寒暖差に注意が必要です。スタート前は凍えそうなほど寒く、足元から冷気が上がってきたり、耳が冷たくなったりします。

スタートして数ホール過ぎた頃から陽が差してきて、身体も温まってくると意外に暖かく過ごせます。

ところが、パー3のティーイングエリアで待たされると身体が徐々に冷えてきます。冷えた身体でミスショットを打ったり、次のパー5でボールを探しに走ったりすると暑くなってきます。意外と冬ゴルフも寒暖の変化が多く、しっかりした防寒対策と体温調整が大切になってきます。

今回はモコモコの着膨れではなく、カッコいい着こなしで冬ゴルフを助けてくれる服装と防寒対策についてご説明いたします。

冬ゴルフのメンズコーディネート

冬ゴルフのメンズコーディネート
冬ゴルフのコーディネート定番アイテムといえば、ダウンジャケット。最近はポリエステルの中綿入りが人気です。天然のダウンジャケットに比べても保温力はそのままで、薄くスリムになっていますし。雨や雪に濡れてもペシャンコにならないのでおすすめです。

ボトムスについても最近はスリムなモデルが増えました。ボンディング加工でマイクロフリースを表面生地に接着したものが暖かくておすすめです。

ダウンの下にはニット系、これも寒さを感じやすい背中に蓄熱保温素材を貼りつけたゴルフウェアが各ブランドから発売されています。インナーも「極暖」「速暖」などのハイネックシャツを選べば、ニットの下はこれ1枚で十分に暖かいです。

防寒の隠し技としては、ハイソックスの着用をおすすめします。霜が降りたり、凍ったりした地面など足元から忍び込む冷気を防いでくれますので助かりますよ。

冬のメンズゴルフウェア 素材の選び方

寒さで身体が縮こまってしまう冬には保温機能とともにストレッチ素材が活躍してくれます。ウールのような風合いながら、防風機能をもつストレッチ素材のトップスやボトムスもたくさん発売されています。

近年はナノテクノロジーの導入により、生地を貼り合わせたり、薬品を使用したりせずに、素材を構成する繊維糸の1本1本の形状に工夫を凝らした保温機能や防風機能を施し、薄いのに暖かいウェアが出ています。

アウターもかつてのナイロンのようなゴワゴワ感がなくなり、しっとりと柔らかい風合いでストレッチが効いたポリエステル素材のパーカーやウィンドブレーカーがありますので、好みのデザインで選んでみてください。フード付きや、襟が高めのものを選べば首筋の寒さを防ぐことができますよ。

冬のメンズゴルフウェア サイズの選び方

冬ゴルフの服装は、ついつい厚着や重ね着をしてしまいがちですが、今ではスリムで暖かいゴルフウェアがたくさん出ていますので、やっぱりダブダブのゴルフウェアよりは、こちらを選びたいですね。

なぜなら、冬ゴルフで気になるのがアウターを着用した時にできるお腹の部分のダブつきです。パッティングの時はもとよりティショットでもテークバックでクラブエンドが引っかかったりして気になるものです。

アウターは肩回りと腹部にストレッチが効いて、腹部がダブつかないものを選ぶといいです。

ボトムスもすっきりアウターに合わせてボンディングパンツを合わせます。これは表面生地の裏にマイクロフリースを圧着させたもので、外観はスリムで暖かいパンツです。サイズ感は通常通りで良いので、デザインがスリムなものを選びます。

冬ゴルフの服装のポイント

冬ゴルフの服装のポイント
冬ゴルフを快適にするためには服装で防寒対策をする必要があります。それにはまず、寒風をシャットアウトする防風機能と、体温を逃がさない保温機能の2つがポイントになります。

朝早くから夕方まで屋外で過ごすゴルフですから、霜が降りて白く凍ったティーイングエリア、地面が凍っている日陰や風が吹き抜けるフェアウェイなどを想定した防寒対策が必要になります。

そんな防風・保温機能を求めるならウィンドブレーカーが役に立ちます。表面素材はナイロン、ポリエステル系で、裏側に貼りつけた先進素材で保温機能を確保したものが多く発売されています。

見た目や風合いからも暖かなセーターですが、防寒対策で大切な防風・保温にも優れた性能を発揮するウェアも増えました。

冬ゴルフのアウターはゴルフ専用がおすすめ!

冬ゴルフのアウターはゴルフ専用がおすすめ!
防寒対策で、まず思い浮かべるのがダウンジャケット。
ゴルフ用アウターとしてのダウンジャケットは普段使いで着ている天然グースダウンではなく、ポリエステル製の中綿(なかわた)を選ぶことをおすすめします。中綿の良さは、ゴルフ用アウターの大切な要素である着た感じの軽さを追求しながらも、天然のグースダウンの半分の重量で同じ保温力を保持している点です。

また、ポリエステル製の中綿が採用されているのでスリムなデザインで暖かいことや、羽毛が飛び出る心配がないのでストレッチを効かせられてスイングを妨げないこと、表面素材の選択肢が広がったので、柔らかくて音がしないことが挙げられます。

一見すると「こんなに薄くて暖かいの?」と思うようなダウンジャケットが、着てみるとポカポカと暖かいので驚くと思います。袖が脱着できるデタッチャブルタイプを選べば、気候の変化にも対応できますので便利です。

セーターも冬のゴルフ用にはウール100%よりも、ポリエステル混紡の素材がおすすめです。
ポリエステルの糸を中空にして空気を保持する機能や丸い糸ではなく星型や三角形にすること(異形断面糸)で水和熱の摩擦を起こりやすくして発熱する機能を持たせたウェア。さらに裏側にセラミック繊維といって太陽光を熱変換して保温する機能を持つ素材を貼り合わせたウェアなどがありますので、ゴルフにはゴルフ専用のセーターがおすすめです。

以上のことから冬ゴルフには、やはりゴルフ専用のアウターセーターが便利で快適に過ごせますよ。

ゴルフ初心者のアウターにはベストという選択肢

ゴルフ初心者のアウターにはベストという選択肢
初心者のうちは上手く打てないことが多く、他の人を待たせない、スロープレイに対する配慮や打ち終わったら球探しで走る機会が多いと思います。

そうすると汗をかいたり、暑くなってきたり。汗が引くと急激に体温を奪うのでかえって寒さを感じたり、温度差にも気を付けたりする必要があります。そもそもゴルフ初心者の方には脱ぎ着する余裕や時間はありません。

そこで、おすすめなアイテムアウターベスト
肩回りの動きが自由で、お腹と背中が暖かく、コーディネートも楽しめるので試してみてはいかがでしょうか。中綿ベストやダウンベストなど、バリエーション豊富にそろいます。

後ろ身頃が少し長くなっているベストならライン読みでしゃがんだ時にも腰を冷やさないので助かります。また、フードのなかにも中綿が入っているウェアを選べば首回りが暖かく、重宝しますよ。

冬ゴルフのシャツやインナー

冬ゴルフのシャツやインナー
アウターの下に着こむシャツやインナーはモックネック、タートルネックなどのハイネック姿を見かけることが増えてきます。首元をより暖かく保つのであれば、格式が高いゴルフコースのドレスコードでも着用が認められているタートルネックがおすすめです。

タートルネックセーターを選べば下に保温インナーを着て、上にアウターを着ればこれ1枚で成り立ちますので厚着せずにおしゃれになります。

やや薄手のシャツなら、この上にVネックセーターを着ればより暖かく過ごせます。モックネックの場合には首まわり全体を覆うわけではないので、ネックウォーマーを着用した方が暖かいです。

なお、モックネックはゴルフコースによっては着こなし方によって下着、と見なされる場合がありますので襟高が高めのものや、ジッパーで開閉できるタイプを選ぶのが無難です。

冬ゴルフのボトムス

冬ゴルフのボトムス
冬ゴルフで選ぶボトムスは素材感にこだわってください。

冬のラウンドは天気の良いでも日陰やティーイングエリアの位置によっては寒風が吹き抜け、朝夕は引け込みますので、チノパンでもボンディングといって裏に超マイクロフリースを貼り付けてある裏起毛タイプや、コーデュロイパンツなど冬素材を使用したボトムスをおすすめします。

また昔からあるオーバーパンツ、いわゆるシャカパンも愛用者が多いです。シャカパンは、素材感によっては肌触りがゴワつく感じがしますので足首までのアンダータイツにハイソックスを履いて素肌を完全に隠します。ハイソックスは足元から入る冷気を防いでくれますので重宝しますよ。

アンダーウェアはユニクロで十分

冬のインナーとしてすっかり定着した感のあるヒートテック。1,000円以下で購入でき、価格以上の機能があるということで人気になっています。

スポーツメーカーからの発熱アンダーウェアは、ミズノが25年前からブレスサーモという商品名で手掛けています。ブレスサーモシリーズにはデイリーでの使用が可能な薄手タイプ2,000円前後から、冬山登山でも暖かく過ごせるウールヘビーウェイト9,000円まで豊富なバリエーションで展開していて先駆者の貫録を感じます。

アンダーウェアというカテゴリーを確立させたアンダーアーマーからはコールドギアという商品名で6,000円前後で発売されています。

いずれのメーカーのものも繊維が吸収した水分を、繊維同士の摩擦によって発熱させるという基本的な原理は同じになりますので、予算によって選んでみてください。

アンダーアーマーは基本的にアメリカンフットボールの防具の下に着ても汗で重たくならない吸汗速乾のアンダーウェアを原点にしており機能性は高く、コンプレッション、フィッティド、ルーズという、身体の締め付け具合で3種類が発売されています。最も締め付け具合が強いコンプレッションは疲労度は少なくなりますが、強い締め付け感が苦手な人は表示をよく見て購入してください。

※価格は発売当時の新品価格です

ゴルフ小物を使用してカンペキ防寒対策

ゴルフ小物を使用して防寒対策
冬ゴルフの寒さについては、耳が霜焼けで痒くなったり、首筋が冷えて寒気を感じ身体が委縮したり、はたまた指先が凍えてクラブが思うように握れなかったりすることもあります。そうなるともう、ゴルフどころの話じゃなくなってしまいますよね。

防寒衣料に加えて、耳・首・手元を寒さから守ることで、かなりの寒さにも耐えられるようになります。

頭部の防寒対策にはニット帽

頭部には本来、熱を逃がす役割がありますので、逆に寒風にさらされてしまうと体温が逃げていきます。

そこでニット帽や厚地のフェルト製のベースボールキャップで放熱を抑えて保温します。ニット帽にはツバ付きタイプがあり、万人に似合いやすいです。またニット帽とサンバイザーを組み合わせ、頭が汗ばんできたら、さっとニット帽を脱いで体温調整できるので便利です。

耳は霜焼けが大敵です。寒風にさらされて霜焼けになると、たまらなく痒くなり、悪化すると腫れたり水ぶくれが出来たりと厄介ですので、イヤーウォーマーでしっかり保護します。後頭部を横にアーチ状にわたして左右の耳を保護する形状のものが増えました。いちいちキャップを脱がなくてもよいので便利です。

イヤーウォーマーは、耳を外気の寒風にさらさないように室内から付けていくことが快適に過ごせる秘訣です。

首回りの防寒対策にはネックウォーマー

首元が冷えると、それに繋がる肩まで冷やすことになります。肩には脳へと繋がる血管が通っていますので、肩が冷えると血流が悪くなりどんどん身体が冷えていきます。

首回りの防寒対策としてマフラーを思い浮かべますが、マフラーは巻き方が大切です。長めのマフラーを巻く場合、途中でほどけてしまったり、裾が前に垂れてきてスイングの邪魔になったり、木の枝に引っ掛かったりして危ないこともあるので短め(約75㎝)のコンパクトマフラーがおすすめです。

ゴルフにはネックウォーマーが最適です。上から被るタイプ、ボタンで留めるタイプもあり、素材もニット系からフリースまで豊富にそろっています。肌へのあたりが穏やかなのはフリース素材です。少し襟高が高いネックウォーマーを選べば口元まで覆う事が出来ますので、より暖かくなります。

手元の防寒対策にはハンドウォーマー

手、指が冷えると次第に感覚が鈍くなってきて、グリップが握りにくくなり、素手でクラブを触ると冷たくて、ますます指先が冷えてしまいます。ゴルフのスイングでは指先の感覚が大切ですので、手と指先を保温する防寒小物があります。

ハンドウォーマーは、円筒形で内側にはボアを貼ってあり、ベルトに付けたり、首からぶら下げたりして、スイング以外は筒の左右から両手を入れて使用するもの。

防寒グローブはマイクロフリースや防寒素材を貼り付けたゴルフグローブで両手にはめて通常のグローブと同じように使用します。

ミトンは親指以外の4本の指が一緒に入る、ボクシングのグローブのような形状で、片手用と両手用があります。中には手の甲の部分に隠しポケットがあり、使い捨てカイロを入れて手の甲を暖められたり、手の平の部分で生地を重ね合わせてあり、スイングの時にはそこから指を出してスイングできたりするものがあります。

形状的に両手がそれぞれ使え、デッドエアの割合も大きいので手や指先が暖かく、暖かさのための工夫も進んでいるのでミトンが便利です。

まとめ

冬ゴルフを快適に楽しむには防寒と暖かくて動きやすい服装が必要です。
以前の重ね着で着膨れしていた頃と比べれば、最近は薄いのに暖かく、伸縮性に優れたゴルフウェアが増えました。ゴルフ専用ウェアの進化はとても進んでいます。その分、新作は高額ですが、リユースを選べば、とても経済的に先進機能を体験できます。

準備が整ったら、前日に現地の気温を調べましょう。特に朝夕と日中の気温差を調べます。差が大きいなら途中で脱ぐことを考慮するといった工夫をします。

使い捨てカイロも役に立ちます。効果的な貼り方は、腰で背骨を左右から挟むように貼ります。かなり暖かく感じられます。スイングの時に気にならなければ両肩も効果的です。

そして、両ほほにニベアなどの保湿クリームと、唇には薬用リップクリームも忘れずに使用してくださいね。

身体が温まるドリンクは、熱いお湯にはちみつを溶かし、生姜がをすり下ろして入れた「はちみつしょうがドリンク」がオススメです。生姜が苦手な人はゆずでも大丈夫です。これを保温マグに入れて携行して、ラウンドの合間に飲むとお腹の中からポカポカと温まってきますので、是非お試しください。

メンズアウター OUTLET
メンズセーター OUTLET
メンズ防寒小物 OUTLET