• 160808
  • 現在の公開在庫数

ロフトとバウンスの組み合わせでウェッジのザックリを防ぐ|中古ゴルフクラブ

よくある質問お問い合わせ
ゴルフギアの選び方Knowledge

ゴルフギアの選び方教えちゃいます!

中古ゴルフクラブ ゴルフ・ドゥトップへ > 豆知識 > ゴルフクラブの選び方 > ロフトとバウンスの組み合わせ

ザックリが減るウェッジはこんな形

一番がっくりくるミスがザックリだよね~

皆さんお元気ですか。ゴルフ坊やだよ!

これのミスがなくなったらすぐスコアが良くなるんだけどなんて人は多いんじゃないでしょうか?

そうですウェッジです。

フルショットしないクラブだから力加減が難しいし、ちょっと気を抜くとザックリ、トップ等、精神的にもダメージの大きいミスになっちゃうこのクラブ。

少しでもミスを減らしたい皆さんにウェッジの基本的な選び方を今日はご説明します。

単品ウェッジを買う時の見るべきところはココ!

たくさんあるロフトは、ロフトの間隔が均等になるように選ぼう

一般的に2度刻みでラインナップされている
何でこんなにたくさんあるんだろう?

購入する前に自分のPWのロフトを調べよう

ウェッジを見る時に最初に確認したいのはロフト角。
どれくらい飛距離が出るのか、どれくらいボールが上がるのかを決める重要な要素だよ。

アイアンセットにはほとんどの場合PW(ピッチングウェッジ)までがセットになっているから
AW(アプローチウェッジ)、SW(サンドウェッジ)を単品ウェッジで2~3本を追加するのがおすすめ。

追加するウェッジのロフトの選び方は、自分のクラブのPWのロフトを調べておくと決めやすいよ。
例えば自分のPWのロフトが44度で2本ウェッジを追加するとしたときは、50度と56度を追加すると
ロフトの間隔が6度ずつに均等になるのでショットの時に距離感が合わせやすくなるんだ。

PWが44度なら50度と56度を追加し、PWが48度なら52度と56度と60度を追加
ロフトの間隔を均等にするのがオススメ!

バウンス角は自分のミスの傾向に合わせてチョイス

ソールの張り出しの量を示すのがバウンス角
こんなに出っ張っていて邪魔にならないのかな?

バウンス角が大きいほどザックリのミスをしづらくなる

ハイバウンス
ローバウンス

ロフトの次にチェックしてほしいのがバウンス角。
これは簡単に言うとどれだけソールが出っ張っているかを表す数値だよ。

一般的に0度から8度ぐらいまでをバウンスが少ないという意味でローバウンス
12度ぐらいから16度ぐらいまでをバウンスが多いハイバウンスと呼んでいるよ。

バウンスの効果は大きいほど地面に刺さりにくくなること。
少々ダフっても滑ってくれて、ダフりのミスやヘッドが地面につきささるザックリが少なくなるんだ。

但し、大きくなり過ぎると接地した時にソールが先に地面に当たってしまってトップのミスに出やすくなることもあるから注意が必要だよ。

反対にバウンス角の少ないローバウンスは地面に刺さりやすくはなるんだけど、そのぶんソールの張り出しがないので芝の薄いところや土のようなベアグラウンド等の裸地から直接打つような場面では、ボールを拾いやすくなるんだ。

ロフト角とバウンス角の組み合わせで特性が変わる

ミスをなくすクラブか、色々な場面で使うクラブか

ロフト角とバウンス角の効果や役割は理解してもらえたかな。
ウェッジの場合、各ロフトにバウンスのバリエーションが用意されているので、どんな場面に向いたクラブか、自分で好きな性能を選ぶことができるんだ。
わかりやすい例をいくつかあげるから参考にしてみてね。

< 組み合わせの例 >
  • バンカー専用   :ロフト58度   / バウンス14度
  • フルショット専用 :ロフト56度以下 / バウンス12度
  • ベアグラウンド専用:ロフト58度   / バウンス8度以下

バンカー専用は、バウンスを大きくすることで刺さりづらくした組み合わせ。
少しくらい手前から打っても、ボールの周りの砂ごと弾き飛ばしてくれるから脱出しやすくなっているよ。
ロフトが大きめになっているのは球を上がりやすくするためだね。

フルショット専用は、ウェッジで起こりやすい、ヘッドがボールの下を潜ってしまう「ダルマ落とし」を起こさないように
ロフトを少なめに、そしてダフった時のザックリ防止でバウンス角を多めにした組み合わせ。

ベアグラウンド専用は芝がないようなところでもバウンスが邪魔にならないようにとにかくバウンスを減らして、
フェースが直接ボールに当てやすいような組み合わせになっているよ。

ウェッジはロフトとバウンスの組み合わせが大切なんだね!

今回のオススメ品はロフトとバウンス角を選びやすい、バリエーションが多いウェッジを紹介するよ!

みんなが悩むSW相当のウェッジでは、どんな症状の人にはどういう設定のウェッジが合うかをまとめてみました!
さっきの【組み合わせの例】も合わせて、自分にはどんなセッティングが合うか照らし合わせてみてね。


ロフトの多いウェッジ(58度~60度)はこんな人におすすめ

  • アドレスでハンドファーストの形が強い
  • 球を上げてアプローチしたい


ロフトの少ないウェッジ(56度)はこんな人におすすめ

  • フルショットで「ダルマ落とし」になって飛距離が出ない
  • フェースを開いても違和感なく構えられる


バウンスの大きいウェッジ(12度~14度)はこんな人におすすめ

  • アプローチのざっくりが多い
  • バンカーが苦手


バウンスが小さいウェッジ(6度~8度)はこんな人におすすめ

  • どんな状況からでもピンを狙いたい
  • 悪いライからでもボールを上げたい

ウェッジは良いライから打つよりも悪いライから打つことの方が多いクラブ。
それだけにしっかり自分に合わせた正しい仕様のウェッジを持っておきたいよね。

ロフト角とバウンス角の組み合わせを上手く使って自分にピッタリのウェッジを見つけてください!

次はパターの選び方を紹介します!

バリエーションの多いウェッジを選んでみたよ。

おすすめウェッジ

※平均売価は、2017年5月19日現在の当社売価となり、価格は随時変動しますのでご了承下さいませ。

PageTop

コラムバックナンバー