ゴルフの上達法やお悩み別の改善法、クラブの選び方などをレクチャー!
幅広い層のゴルファーをサポートする情報サイトです。

ゴルフに掛かる道具と練習代の費用。必要なものはしっかり揃えよう!

初心者ガイド
ゴルフに掛かる道具と練習代の費用

ゴルフはお金がかかるスポーツのイメージがありますよね。
実際にゴルフをプレーしている年齢層も高く、お金持ちのおじさん達がプレーしていると思ってはいませんか?

確かに、ゴルフをするにはゴルフクラブだけでなく、いろいろなものを用意しなければなりません。ただ、ゴルフはお金が掛かると聞いたことがあるだけで実際にどのくらい掛かるのかは、よく知らない初心者の方も多いと聞きます。

今回はゴルフをプレーするのに、何が必要か、どのくらい費用がかかるのか具体的にご紹介します。

ゴルフをするのに必要な道具の費用

ゴルフをするのに必要な道具の費用
まず、ゴルフの道具に掛かる費用について説明します。

ゴルフクラブ

ゴルフをするのにゴルフクラブが無いとゴルフ場でプレーはできません。
ゴルフクラブは14本までキャディバックの中に入れることができ、14本以下でも構いません。

ゴルフを始めたばかりの初心者の方であれば、初心者セットと言ってラウンドに必要なものが揃ったゴルフクラブのセットがいいでしょう。
価格は安いものだと2万円台からあり、大体大手ゴルフメーカーのものだと5~6万程で、ほとんどの初心者セットはキャディバックがセットになっています。

初めてゴルフクラブを買うのだと、どのメーカーがいいか、どのスペックがいいか分からないと思うので、ゴルフをしている方に聞くか、お店の人に尋ねてください。

また、中古のクラブで揃えるのもいいでしょう。
中古のクラブはアイアンセットで3万円程、ドライバーやウッド、パターをすべて用意しようとしても6~7万円程で揃えることが出来ます。初心者セットと違って、最新のクラブに近いものが安く手に入れられるのでお得でもあります。

キャディバッグ

ゴルフクラブを「初心者セット」でないものを選ぶとキャディバックも用意しなければなりません。キャディバックは安いもので1万円程、高いものだと10万円以上するものもあります。キャディバッグも中古で購入すれば、新品の半値位で揃えることもできます。

色やデザインには決まりがないので、好きな物を選びましょう。練習中に気分が上がったり、コースで自分のキャディバックが見つけやすくなったりして、ゴルフが楽しくなりますよ。

ただ、重すぎるキャディバックだと持ち運びに不便ですし、ゴルフ場のカートにも乗せにくいので、初めのうちは2~3㎏台の軽めの直立するカートタイプをオススメします。

シューズ

次に必要な物はゴルフシューズです。
練習場はスニーカーなどの動きやすい靴で問題ありませんが、ゴルフ場でプレーをするのであればゴルフ場の芝で滑らないように、ゴルフシューズを用意しましょう。

ゴルフシューズの種類

ゴルフシューズにはスパイクという鋲が付いたソフトスパイクとスニーカーの底がでこぼこしているスパイクレスの2種類があります。

ソフトスパイクは比較的重めのものが多く、スパイクレスのシューズに比べて滑りにくいのが特徴です。

スパイクレスのシューズはソフトスパイクのシューズに比べて軽い分、歩くのが楽ですが、ゴルフ場の坂道などで滑ってしまう可能性があります。

金額的にはソフトスパイクは1万円以上するものがほとんどで、スパイクレスは5,000円台から購入できるものがあります。

ソフトスパイク用の鋲

ただ、ソフトスパイクのシューズはスパイクの鋲を交換すればシューズ自体が壊れない限りは履き続けることが出来ます。

スパイクの鋲は20個ほど入ったものが2,000円程度で購入でき、スパイクの鋲を交換するレンチも1,000円以下で手に入れることが出来ます。また、ソフトスパイクのシューズを買うと一緒についてくる場合もありますよ。

スパイクレスのゴルフシューズは底が削れて来たら交換しなければならない事を考えると、ソフトスパイクのゴルフシューズの方が経済的ですね。

シューズケース

ゴルフシューズを入れるゴルフシューズバックも忘れずに用意しましょう。1,000~3,000円程で手に入れることができ、シューズだけを入れて置けるので、他のものが汚れず便利です。

ゴルフウェア

ゴルフ場でプレーをするのであれば、ゴルフウェアも購入しなければなりません。
トップスは男女共に、襟がついているものが無難です。

男性の場合、ズボンは半ズボンでも長ズボンでも構いません。気を付けなければならないのは、ポロシャツなどのウェアはしっかりズボンの中にしまい、ベルトを必ずつける事です。

女性の場合はワンピースなど、セットアップのものでも構いません。金額はピンキリですが、1万円あれば上下セットを揃えることが出来ます。

ゴルフメーカーのウェアを購入すれば間違いないですが、ユニクロなどファストファッションでも、動きやすくスイングしやすいウェアが販売されています。価格もゴルフメーカーのものに比べて安いので、オススメですよ。

また、ファッション系の人気ブランドやお洒落に拘りのある方はユーズド(古着)も選択肢です。スマートにショッピングされるゴルファーが急増しており、特にラウンド回数の多いゴルファーに支持されています。

そして、ゴルフ場のクラブハウスに入退場するときにジャケットを着用しなければなりません。男性の場合、スーツのジャケットで代用しても構いませんし、ユニクロなどであれば5,000円程度で手に入れることが出来ますよ。

キャップ

ゴルフをするのに忘れてはならないのが、キャップです。
暑い夏の日には直射日光を防ぐことができ、ボールが飛んできた時に頭を防御してくれます。価格も2,000円程度で手に入れることができ、寒い冬などはニット帽などゴルフ用のキャップでなくても構いません。

カートバッグ

また、カートに乗せる小さめのカートバックも用意しておくと便利です。ゴルフ用のものでなくても大丈夫ですが、雨の日に濡れてもいい撥水素材のものがいいですね。

ブランドによって様々ですが、5,000円程度で手に入れることができ、ゴルフに必要な小物や日焼け止め、女性であれば化粧ポーチなどを入れておくとすぐ使う事が出来ます。

ゴルフアクセサリー

ゴルフをするにあたって、ゴルフグローブ、ゴルフボール、ティー、ボールマーク、グリーンフォークなどの小物類は必ず用意しなければせん。

ゴルフグローブ

価格はだいたい1,000~2,000円です。最初は合成皮革製グローブの1,000円前後のもので大丈夫ですが、自分の手に合っているサイズをしっかり選びましょう。練習時は1枚でいいですが、コースに行くとなると複数枚持っているといざという時に便利ですよ。

ゴルフボール

初めてコースでラウンドをするのであれば、大量にボールは用意しておきましょう。
「ロストボール」と言ってゴルフ場で池やOBに行ってしまったボールを集めたボールが綺麗にされ、50球1,500円程度で安く販売されており、お買い得です。

新品のボールだと、1ダース(12球入り)7,000円ぐらいする高品質なボールも販売されていますが、最初のうちは1,000~2,000円程度のボールで十分です。

ティー

ティーショットをする時に必要なティーは300円前後で大量に入ったものが販売されていますし、そこまで高いものもありません。

マーカー

ボールマークはグリーン上でボールをマークすると時に使うもので、遠くからでも目立って、大きいものがいいでしょう。ゴルフキャップに付けられるものや、グリーンフォークと一緒になっているものなど、たくさん種類がありますが、2,000円程度で購入することが出来ます。

また、ゴルフ場によってはゴルフ場のロゴが入ったボールマークが置いてあり、無料で貰えるところもあります。

グリーンフォーク

グリーンフォーク(ディボットツールとも呼ばれます)はグリーン上に着いたボールマークなどを直すもので、初めてのラウンドでは余裕がないかもしれませんが、持っていましょう。
2,000円程度で購入することも出来ますし、ボールマークと同じく、ゴルフ場に用意されているところもあります。

ゴルフを練習するのに掛かる費用

ゴルフを練習するのに掛かる費用
コースに行くのであれば、その日までにしっかり練習しなくてはなりません。
練習場は様々な料金システムがありますが、一球いくらの打った分だけ支払うスステムと、1時間いくらなど時間制で支払うシステムがあります。

都会のゴルフ練習場であれば一球15円程で、時間制だと1時間1,500円ぐらいが平均です。アプローチなどたくさんボールを打ちたい時は時間制がオススメですが、初心者の方だと急いで打ってしまって疲れてしまう場合があります。

ゴルフは普段使わない筋肉を使い、ゴルフクラブを握っていると手にマメができやすいので練習は、ほどほどにしてくださいね。

また、コースに行く前日も練習し過ぎには注意が必要です。一夜漬けで練習してもゴルフは上達しませし、前日は身体を休めておきましょう。

「パットイズマネー」と言われるほどゴルフのスコアで大事なのはパターです。練習場だけでなく、自宅でもゴルフの練習をしましょう。パターはパターマットで自宅でも練習することができ価格も5,000円程のもので充分です。

まとめ

今回はゴルフに掛かる費用についてご紹介しました。
ゴルフはコースに出るまでにいるものがたくさんありため、費用が抑えられるところはおさえましょう。次回はゴルフのプレーフィについてです。