ゴルフの上達法やお悩み別の改善法、クラブの選び方などをレクチャー!
幅広い層のゴルファーをサポートする情報サイトです。

コースでのプレー時間はどのくらい?初ラウンドで緊張しないためのマニュアル

初心者ガイド
ルフコースでのプレー時間はどのくらい?

ゴルフを始めて練習場に通って、ゴルフの腕が上達してくると、いよいよコースデビューしたくなりますよね。

ただ、ゴルフの技術的な事は上手な人に聞けても、ラウンドの流れなどは何となく恥ずかしくて聞きにくいですよね。でも、ゴルフはただゴルフコースを回ってラウンドするだけではありません。家を出発してコースに着いて、ラウンドして、ゴルフが終了するまで気を付けることが沢山あります。

今回はゴルフデビューを控えている皆さんのためにゴルフコースの流れについてご紹介します。

ゴルフ場へ到着したら

コースに出る前
ゴルフ場には最低でもスタート時間の1時間30分前にはゴルフ場には到着しましょう。

ラウンドのスタートまで余裕を持って行動できるので、なるべく早めに到着しているようにしてください。ただ、ゴルフ場にも開場時間があるのでホームページなどで行く前にしっかりと確認していきましょう。開場時間より、早く着いてしまうとゴルフ場のオープンまで待たなければなりませんし、ゴルフ場の方にプレッシャーを与えてしまいます。

手荷物を降ろす

ゴルフ場に到着したら、まず車をクラブハウスの前に停め、キャディバックや手荷物などを降ろします。そのまま、キャディバックはゴルフ場に預け、プレーする時までにカートに準備してもらえるので、安心してくださいね。ゴルフ場まで乗せてきてもらっている場合はその時に降り、運転者の場合は車を駐車場に停めに行きます。

車を停めたら、ジャケットを着てクラブハウスに入場してください。夏の暑い時期はクラブハウスに入場する時にジャケットの着用義務がないゴルフ場もありますが、持っていた方がいいでしょう。

受付と着替えを済ます

クラブハウスのロッカー
クラブハウスに入ったら、フロントに向かいます。フロントでは名前、住所、電話番号などを記入しロッカーキーを受け取ります。

ロッカーキーはスコアカードホルダーと一緒になったものがあり、ゴルフパンツのポケットに入れておくと紛失しなくて済みますよ。

ロッカーでは着替えやラウンドに必要のないものをしまっておき、財布などの貴重品は貴重品専用のロッカーがあるので、そちらに預けておくのがいいでしょう。貴重品は預けたことを忘れたまま帰ってしまう事があるので、車の鍵など帰るのに必要なものを一緒に入れておくと忘れ物の防止になります。

この時に、トイレを済ませておいたり、日焼け止めなどを塗っておいたりしておくと時間ギリギリに慌てずに済みますよ。ここまででかかる時間が30分ほど、スタート時間の1時間前になっているといいですね。

コースに出る前の準備

コースに出る前にしっかり身体を温めておくことが重要です。多くのゴルフ場にはゴルフ練習場があるのでしっかり練習しましょう。

練習場でウォーミングアップ

練習場でウォーミングアップ
練習場に行くときに、無駄なものを持っていると忘れる原因になるので、練習場に行くときラウンドに必要な物は一旦ロッカーに置いておくのがいいですよ。

練習場はフロントやマスター室にてコインを買う場合や、実際に小銭で支払う場合があります。ゴルフ場に行く前にホームページで確認するか、ゴルフ場のスタッフに直接確認するのがいいですよ。

ショットの練習が終わったら、パター練習もしておきましょう。ゴルフ場のパター練習場はその日のコースのグリーンの速さと同じなので、ラウンド前に知ることが大切です。

ラウンド時にキャディさんがついている場合はクラブを管理してくれますが、キャディさんがいない場合は自分でしっかりとクラブを管理しましょう。コースに出る前にクラブが何本あるかしっかり把握しておくことも大事です。

カートで待機

コースに出る
スタート時間の10分前には自分のキャディバックが積んであるカートの前に待機していましょう。どのカートか分からない場合はクラブハウスからコース側に出たときにある、マスター室にいるスタッフに聞くと教えてくれますよ。

スタート前までに、ボールやティなどラウンドで使うものをポケットに入れて用意し、忘れ物をないかしっかり確認してくださいね。コース内に持ち運べるミニバックもあるので、小物収納にぜひ使ってみてくださいね。

カートの座る場所も重要です。カートは前に二人、後ろに三人の五人乗りのものが多く、キャディさんがついてくれる場合には運転席は空けておきましょう。必然的に後部座席が狭くなりますが、デビューのラウンドは後ろに座るようにしましょう。

ただ、初めてのラウンドだとボールがなかなか飛ばず、カートを乗り降りする回数が他のプレーヤーより多くなります。同伴プレーヤーと話し合って座る席を決めるのがいいですね。また、カートに乗せる荷物も自分が座る近くに置いておくと、すぐ取り出せて便利です。カートに乗らないほうがプレーが早くなると思っている方が多いと思いますが、カートに乗れるところは乗った方がプレーは確実に早くなります。

そして、ラウンド中はしっかりボールを見て、他のプレーヤーの邪魔にならないように心掛けてください。一緒に回るプレーヤーのいう事をしっかり聞いてプレーするのがいいですよ。

ゴルフのプレー時間は合計4時間30分

ゴルフの1ラウンドのプレー時間は4人で回って4時間30分以内が目安です。
全部で18ホールあり、コースの前半は9ホールで、プレー時間は2時間15分以内を目途してください。ただ、それ以上に時間がかかったとしても、前の組に離されなければ問題ありません。この4時間30分には昼食休憩は含まれません。3人で回る(スリーバッグ)場合はもっと短くなります。

お昼休憩

お昼休憩
前半のプレーが終了したら、自分のゴルフクラブの本数の確認をしっかりしましょう。足りない場合はゴルフ場のスタッフに伝えておくと後半のスタートまでにゴルフクラブが戻ってくる可能性が高くなりますよ。

お昼休憩に入る前に後半のスタート時間を伝えられるため、その時間はしっかり把握しておきましょう。時間に遅れると他の組やゴルフ場に迷惑をかけてしまいます。

ほとんどのゴルフ場でラウンドのハーフが終わったら、お昼休憩があります。
ゴルフ場のクラブハウス内にあるレストランやコース内の小屋で食べ、おいしい物がたくさんあるので、お昼ご飯を楽しみましょう。ただ、前半のラウンド状況によっては休憩時間が短い場合もあるのでスタート時間に間に合うものを選んでくださいね。

後半スタート

後半のスタート時間の10分前にはトイレを済ませたり、身だしなみなどを整えたりし、カートで待機しておきましょう。後半のラウンドも2時間15分以内に終えることを目標にトータルで4時間30分以内に終えるのがいいですね。

ラウンド終了後

ラウンド終了後
クラブハウスに戻る前にゴルフシューズについている芝を備え付けのエアガンや濡れタオルできちんと落としてから入場しましょう。
芝が付いたままクラブハウスに入ってしまうと、ゴルフ場の方に迷惑をかけるのでマナーを守りしっかりと落としましょう。

すべてのラウンドが終了し、クラブハウスに戻ってきたら忘れ物がないように荷物の整理をしましょう。ポケットに入っているゴルフボールやティーなどの小物をゴルフバックに戻し、自分のゴルフクラブがちゃんと揃っているか確認してくださいね。

この時にポケットの中身を空にしていないと、家に帰ってそのまま一緒に洗濯機に入れてしまい、洗濯機を壊してしまったなんてことになってしまいます。ご家族にも怒られ、洗濯機も壊れ、残念な事になってしまいます。

ロッカーに戻ったら、お風呂に入ってスッキリするのがいいですね。夏場はもちろんのことですが、冬でもたくさん汗をかいていることがあります。湯船に浸かるとラウンドをした疲れも取れるのでラウンド後のお風呂はオススメです。

後はフロントでゴルフの代金を清算して帰宅するだけです。ゴルフクラブを車に積み忘れて家に帰ってしまう、おっちょこちょいさんもいるので、忘れ物には注意してくださいね。

またロッカーキーを返却せずに帰し忘れないように気を付けてください。朝、貴重品ボックスに入れた貴重品も取り忘れのないようにしてくださいね。

まとめ

今回はゴルフコースのデビューを控えている方に向けて、ラウンドの流れや注意点をご紹介しました。

ゴルフコースで初めてプレーするのは緊張しますよね。事前に予習できることはゴルフ場のホームページなどで確認して、分からない事はプレーの前に一緒に回る人に聞きましょう。

また、コースの事はキャディさんに聞くのが一番いいですよ。初めてコースに出ると思いのほか疲れてしまうため、前日は、いつもより早くお布団に入ってしっかり睡眠をとりましょう。