ゴルフの上達法やお悩み別の改善法、クラブの選び方などをレクチャー!
幅広い層のゴルファーをサポートする情報サイトです。

ゴルフ距離計を使いこなしてスコアアップを狙おう!おすすめの距離計もご紹介

スコア100切りのコツ

本記事ではゴルフの距離計の使い方に関して解説します。

ゴルフを長年プレーしている人でも、ゴルフ距離計を使ったことがない人は多いです。
ゴルフ距離計はピンまでの正確な距離を調べられるなど非常に便利で、使いこなすことでスコアアップを狙うことができます。

ゴルフ距離計の基本的な使い方および、おすすめのゴルフ距離計をご紹介します!

ゴルフ距離計とは、計測点から目標点の距離計測器

そもそもゴルフ距離計とはどういったものなのか。
ゴルフ距離計とは、計測点から目標点の距離を正確に計測器のことです。

ゴルフ距離計を使用することで、目視ではかるよりも正確に距離がはかれ、スコアアップにつなげられます。

また、距離計を使うことで無駄に考える時間がなくなり、スムーズにゴルフを行えるメリットもあり。

2019年のルール改正でゴルフ距離計が使用可能に!

ゴルフ距離計は、従来の公式ルールでは使用が禁止されていました。ローカルルールでのみ使用が認められるケースはありましたが、使ったことがない人も多かったです。

2019年にゴルフのルールが改正され、公式戦でもゴルフ距離計が使用可能になりました。ルール改正は、ゴルフをより簡単かつ、プレーの進行をスピーディーにすることを目的としています。

ルール改正があってからゴルフ距離計は売れ始めています。

ゴルフ距離計の使い方

ゴルフ距離計の使い方は難しい印象もありますが、実際はそうでもありません。特にレーザー式は非常に簡単です。

レンズを覗いて、上にあるボタンを押すだけで、簡単に距離をはかることができます。

ピンや目標点までのヤード数が表示されるので、後はそれを目安に打ちましょう。ヤード数の表示はセンチメートルに変更することも可能です。

ヤード数がわかれば、ピンをオーバーすることも少なくなり、精神的にも有利になります。

ゴルフ距離計によっては、コースレイアウト表示機能がついている場合もあります。その他、リアルタイムで順位を確認できる機能があったり、コースガイドがつけられたりする場合があります。

たくさんの機能が搭載されているものは値段が高くなりますが、よりスムーズにゴルフを行いたい方は購入を検討してもよいでしょう。

ゴルフ距離計の選び方

ゴルフ距離計の選び方について説明します。

ゴルフ距離計はそれなりに高価ではありますので、購入前に慎重に検討した方がよいです。

予算と相談しつつ、できるだけ高性能で自分に合ったものを選びましょう。

高低差計測機能があるかどうか

ゴルフ距離計には距離をはかるだけでなく、高低差も教えてくれるものがあります。

高低差を計測するのは公式戦では禁止されていますが、プライベートなゴルフなら問題ありません。

日本のゴルフ上の多くは山を切り開いて作られているため、コースに起伏がある場合が多く、距離感がつかみにくいことがあります。

高低差をはかることができれば、ボールをどの程度上げるべきかも計算して打つことが可能です。

最大測定範囲がどのくらいが

距離計の最大測定範囲がどの程度かも把握しておきましょう。

広大なゴルフコースの場合、最大測定範囲が広くないと正確にはかれない場合があります。

最大測定範囲は500〜1600ヤードぐらいのものが多いです。最大測定範囲が広いゴルフ距離計はその分値段が高くなります。

手振れに強いかどうか

ゴルフ距離計は小型のものが多く、手に持つと振れる恐れもあり、慣れないとスピーディーに使えないことも多いです。

手振れしてしまう方は、手振れを防止する機能がついているかどうかも確認しましょう。

手振れ防止機能がついているとやはり値段は上がりますが、その分ピンなど細い対象物をしっかりとらえてくれます。

防水機能がついているかどうか

防水機能がついているかどうかも重要なのでチェックしましょう。

なぜならゴルフは雨の日でもプレーが続行される場合が多いからです。

防水加工されているゴルフ距離計でないと、雨にぬれて壊れてしまう恐れがあります。

できれば「生活防水」と表示されているものではなく、「IPX6」のように防水基準が表示されているものを購入しましょう。「IPX○」は国際電気標準会議で決められた保護性能をあらわす規格です。

GPSかレーザーか

ゴルフ距離計には大きく分けて2種類のものがあります。

  • レーザー式
  • GPS式

この2つはかなり性能や価格が異なってきます。

どちらもメリット・デメリットはありますので、両方の性能を把握した上でどちらを手にするか検討しましょう。

GPS

GPS式のゴルフ距離計は、機能数においては優れています。

ピンまでの距離だけでなく、コースレイアウトを確認したりハザードまでの距離を把握できたりします。

更には地点登録した場所からの距離をはかることも可能です。

また、値段も安いものが売られていることが多く、約6,000円くらいで購入できます。

デメリットとしては、レーザー式よりも距離の測定に誤差がたまにあることです。電波の状況やコースの変更などがあると、距離がずれてしまう恐れがありますので、正確にはかりたい場合はGPS式はよくありません。

ボタンがたくさんあるので、操作に手間がかかる人もいます。更には、充電に3~4時間も時間を要するため、前日に充電完了してるか確認する必要があります。

レーザー

対してレーザー式は、距離の測定に誤差があまりなく、機種によっては1ヤードも誤差がないのが魅力です。正確性を求める人はレーザー式を購入しましょう。

また、覗いてボタンを押すだけで簡単にはかれる簡単さも利点です。

レーザー式は充電式になっておらず、CR2型の電池で動くのが普通です。

デメリットとしては、値段が高いというのがまずあります。平均約15,000円もかかってしまいます。

またGPS式とは違って地点登録した場所からの距離をはかったり、コースレイアウトを把握したりはできません。

おすすめのゴルフ距離計

ここからはおすすめのゴルフ距離計について解説します。

ゴルフ距離計には様々な種類があり「どれを買ったらよいかわからない…」という方は、こちらを購入してはいかがでしょうか?

こちらの商品はすべてゴルフ・ドゥで購入可能なのでチェックしてみてください。

クールショット 20 GII G-801

クールショットは小型かつ軽量で、プレー中にも持ち運びやすい距離計です。

最大8秒間連続ではかることができるので、操作が慣れない人にもおすすめ。

EAGLE VISION NEXT EV-732

EAGLE VISIONは基盤に防水コーディングがされており、雨の日でも利用できる距離計です。

高精度な距離表示と高低差をはかることができるのも大きな利点。

Laser Sniper X1

Laser Sniper X1は、シンプルなレーザー式でボタン1つで簡単に操作できます。

正確に計測できるかつ、高低差も計測することが可能。自信を持ったスイングにつながります。

クールショット40i G-977

クールショットは「近距離優先アルゴリズム」が搭載されており、ピンフラッグまでの距離がはかりやすくなっています。

最大測定範囲も広く、遠くのピンまで正確に測定可能です。広大なゴルフコースで活躍する距離計。

まとめ

本記事ではゴルフ距離計の使い方について解説しました。
ゴルフ距離計を使いこなせればスコアアップにつながります。
ご購入を検討される場合は新品か中古の未使用品を選択された方が無難です。中古品の場合、電池やバッテリーの消耗度が分からず、購入してすぐ動作しない、なんてことも…。高価な商品だけに慎重に選びたいですね。