ゴルフの上達法やお悩み別の改善法、クラブの選び方などをレクチャー!
幅広い層のゴルファーをサポートする情報サイトです。

練習場でもコースをイメージ!打ちっぱなしで上達する5つの練習方法

スコア100切りのコツ
練習場ではうまく打てるのにコースでは打てない!の原因と解決法を解説します

練習場では上手く打てるようになって来たのに、コースではその力が発揮出来ない・・・。

ビギナーゴルファーから聞こえてくる共通の悩みですよね、実際に気持ちよく打てる事はストレス発散にもなるし、一つのゴルフの楽しみ方として素晴らしいのですが、せっかく練習するならコースでしっかり結果を出せる練習をしたいと思うゴルファーも多いはずです。

今回の記事では、普段の打ちっぱなしでの練習を、コースで通用するようにする為の練習方法を5つご紹介したいと思います。

打ちっぱなしを使いこなすための5つの練習方法

全てに共通するのは、コースをどれだけリアルにイメージしながら練習できるかという部分です。下記の項目は1~5まで順不同ですので、いろんな練習を組み合わせて試してみてください。

1.クラブの番手を変えて打つ

クラブの番手を変えて打つ
練習場では連続で同じクラブをひたすら打つなんて練習をしている方が多くいらっしゃいますよね。もちろんそのクラブに慣れる為とか、スイング修正をしているからとか、何らかの理由があって練習をされているんだと思います。

ただコースに関して言えば、同じクラブを2度続けて持つ事は殆どないと言えます。なので普段の練習から、クラブをシャッフルして打つ練習をオススメします。

人それぞれであるのは大前提ですが、ドライバー(1w) → 9番アイアン → アプローチウェッジ(AW)など実際のコースで打つであろう順番をイメージして、一球ずつ打つ練習を取り入れてみて下さい。ゴルフというスポーツは使う道具(クラブ)が毎回変化する難しいスポーツです。

このようにクラブをシャッフルしながら打つ事によって、それぞれのクラブに合わせて振る感覚を得られ、クラブにある長さや重さのギャップを埋める作業が上手くなります。1wを基軸に1球ずつ色んなクラブを打ってみてください。

2.マット通り、打たない

マット通り、打たない
練習場の人口マットは基礎を磨くのにうってつけの形をしています。
正方形で飛球方向に向かって直角にあるので、フェースの向きやスイングの方向なども視覚的に確認しやすくなっています。

この直線の多い形状は、ビギナーがゴルフを始めるにあたっても手助けとなる優れたものです。

ただ、実際にコースにいくと練習場にあるような直線はありません。自分で身体の向きやスイングの方向を管理する必要があります。

コースにいくと自分ではグリーンに向いているつもりが、林を向いて打っていたという経験をしたことのある方も多いはずです。

方向を正しく向く為にはスパット探しが何より大切です。マット通りに打っているうちはスパットを見つける癖をつける事もできないので、目標物を定めてマットに逆らって打つのが大切です。

オススメは、マット通りよりも左向きの方向で目標物を定めて打つ練習です。

アウトサイドイン軌道のスイングで悩む事の多い、ビギナーゴルファーの皆さんは左向きの方がマットの向きによってインサイドアウト軌道を意識しやすくなるので、スイング修正と方向取りが同時に良くなる可能性があります。

※練習場によっては過度な斜め打ちは危険な事がありますので気をつけてください

3.バランスが取りづらい状態で打つ

練習場のマットに傾斜がついている所はほとんどありませんよね。
ですが、コースに出るとティーグラウンドでさえ平らな所を探すのが難しいくらいです。

皆さんも練習場では良いショットが打てる様になってきても、コース本番の傾斜対応に苦戦した経験があるはずです。

練習場の様なフラットな状態でずっと打っていると、上達によるナイスショットも出やすくなるのと同時に、慣れによるナイスショットが出はじめることも多々あります。

ここでいう「慣れ」とは何回も反復運動をする事によって起こる現象のことです。コースでは同じフラットな状態で反復運動をする事はなく、様々な傾斜が常に変化する状態でバランスを崩す事なくスイングしていかなければなりません。

練習場で出来る対策としては

・両足を閉じてショットする
・右片足立ちでショットする
・左片足立ちでショットする

上記の様なアンバランスな状態でスイングする癖をつける事によって、バランスを崩しやすい傾斜地のショットも安定して打てる様になります。

4.リズムを意識して練習する

コースでミスショットをした後にスイングをアレコレ考えてしまう方は、コースでスイングの修正をする事はほとんど不可能だと言うことを自覚して下さい。

コースでは緊張や疲労によって、スイングリズムが崩れる事によって起こるミスがほとんどです。

なので、スイングエラーもリズムテンポの乱れから起こるといってよいでしょう。打ち急ぎや、スイングが緩んだなどはいずれもリズムテンポの乱れが原因です。

理想はパターからドライバーまで同じリズムテンポで振れる様に練習する事です。1.2.3のリズムで予備動作 → バックスイング → インパクトまでの一連の動きをしてみて下さい。

普段の練習からリズム作りをする事によって、コースで緊張した時や、ミス後の立ち直りを早くする事ができますよ。

5.ルーティン作り

ルーティン作り
練習場に行くと連続で何球もバシバシと打っている方をよく見かけます。
スイング修正のために意図して打っている場合は別として、そのような練習が習慣になっている方は要注意です。

ルーティンといえば野球のイチロー選手や、ラグビーの五郎丸選手で有名ですが、ショットの前に行う一連の動作のことを言います。

スイングまでの間合いを一定にする事で、落ち着いてショットに臨める効果がありますが、ゴルフの場合は素振りや、方向を見たり、戦術を練る時間としても大切な動作です。

このルーティンを練習場でもする事によって、コースでの動きもスムーズになりショット自体もリズム良く行えるでしょう。

オススメのルーティンの順番は、
(1).素振りを2回
(2).ターゲットラインの後方から方向を確認しスパット(目印)を見つける
(3).スパットに対してフェース面を垂直に合わせてからグリップしてスタンスを決める
(4).あとはリズムよくスイング

このルーティンを普段の練習場でも仕上げとしてやっておく事をオススメします。

1.で紹介したクラブの番手を変えて交互に打つ練習と一緒に取り組むのもいいですね。

まとめ

以上が練習場でできる上達練習法5選です。いかがだったでしょうか。

大切な事はより実戦を想定して練習をする事です。練習場でナイスショットを打つ事はストレス発散にもいい運動にもなりますが、コースでの結果に繋がりにくい練習をしている方も多く見受けられます。

この記事を読んだ方は、今日から1つでもいいので実戦を想定した練習法をご自身の練習に取り入れてみてください。